新米

  • 2009.10.22 Thursday
  • 21:30
新米食欲の秋です!!

秋刀魚
マツタケ
◦新鮮な野菜
秋鯖
地酒
こんな食材を思い浮かべながらの一日の長いこと・・・寄り道もしないで一目散に帰宅する。もちろん途中で水の一滴も我慢して、風呂もそこそこに酒の徳利に手を伸ばす。うま〜い!!マツタケはなかなか食卓に上らないが、旬の秋刀魚が意外と安い。DHCなど意識もしないが、はらわたまで食べると、少し苦いがそこがまた旬の味、鮮度の良い秋刀魚だからこそ出来る食べ方である。

仕上げはコシヒカリと味噌汁・キュウリ漬け。これだけで新米はいっそう美味しさが増します。艶良し香り良し、日本人に生まれてよかった!!と思う一時とは、こんな時でしょうか?生活習慣病防止のために「腹八分目」と言うものの、ついつい食べ過ぎてしまいます。

あわてなくとも大丈夫です。最近のお米は、設備のしっかりした倉庫で保存されているので、一年中安定した味で賞味できます。家庭の冷蔵庫は100%詰め込むよりも80%くらいの余裕を持って入れたほうが、電気代も節約できて温度も安定すると言う話を聞いたことはありませんか?低温倉庫も同じだそうです。幸いにも最近の倉庫は生産調整のおかげで?かなり余裕があり、管理は十分です。しかも、籾のままで貯蔵もしていますので、鮮度抜群の美味しいお米をお届けできるわけです。

安全安心のコシヒカリをご賞味下さい。

Yahoo検索新米コシヒカリ
◦Yahoo検索新潟コシヒカリ
◦Google検索新潟コシヒカリ



タグ:新米コシヒカリ

精米機で米の美味しさ更に向上します

  • 2009.09.08 Tuesday
  • 16:06
精米機は美味しさを引き出します
精米機は、玄米を白米にする機械です。近年健康食嗜好の消費者も多く、あるいは家庭用の精米機を購入されて、その都度白米にして炊飯される家庭も有るようです。
JAや多くの米穀会社の精米プラントは、玄米の投入から袋詰めまで、全工程を自動で行う高性能なものが多く、その投資額も数千万円から億単位の投資となっています。

産直農家では、そこまでの投資は経済的に不可能です。
しかし、消費者のニーズに対応するには、少しでもそのシステムに近づけなければ、商品価値が低下してしまいます。

これまでは「米に何故石が混入するのか?」疑問に思っていたが、コンバインで収穫して乾燥機に入れる段階で混入したり、精米の段階で袋に付着した石が混入したり、いろんなパターンから混入する可能性が想定できることに思い当たりました。

産直もそれなりに大きなリスクのある商売だ!!

清水の舞台から飛び降りるつもりで、精米機を更新しました。
玄米を投入した段階で「石抜き」を行いますので、玄米購入のお客様の石抜きも行って発送します。
精米温度も低温で、糠離れも良好です。

これまで、小石の混入した米を購入いただきましたお客様、ご迷惑をお掛けいたしました。
長いお付き合いのお客様からの提案で、今回の対策になりましたが、これからも忌憚の無いご意見をお待ちしております。

石抜き精米機を使っています

今年は籾の数が少ないから不作

  • 2009.08.26 Wednesday
  • 19:38
稲穂【実るほど頭を垂れる稲穂かな】とか申します。今年の稲穂の感じからすると、豊作は期待薄でしょう。政府発表も「不作」の模様です。この先台風でも来たら更に大変な事に・・・

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

農家のお米「送料無料」

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM