“劇場型政治”で豊洲市場移転延期に噛みついた伊藤裕康は何様ですか?

  • 2017.01.12 Thursday
  • 09:25

 

“劇場型政治”で豊洲市場移転延期に噛みついた伊藤裕康は、何様ですか?
 

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この 作品 は クリエイティブ・コモンズ 表示 2.1 日本 ライセンスの下に提供されています。

東京都江東区東京ガスの工場跡地の豊洲市場への移転が検討された場所。

800px-豊洲新市場.jpg

Wiki引用

  • 東京都などは、移転先の用地の土の上に4.5メートルの汚染されていない土壌を重ね、アスファルトを敷くことから問題はないとして移転計画を推進しているが、一方で"豊洲は汚染されている"とした移転反対運動がある。これを裏付けるように、都が2007年(平成19年)10月6日に発表した調査結果で地下水はベンゼンシアン化合物ヒ素が環境基準を、土壌はベンゼン、シアン化合物、ヒ素が環境基準を上回る汚染が明らかになった。
  • これと共に東京湾環境問題も注目され、そこで獲れる魚介類の汚染も浮き彫りになっているなお、環境問題に関しては現在の築地市場でも、海軍の毒ガスや化学兵器の研究を行う技術研究所研究部化学兵器研究室が設けられていた時期があった[5]ことや地下には第五福竜丸によって水揚げされた、水爆被爆したマグロ(当時「原爆マグロ」と呼ばれた)が埋められている問題が存在している。ただし、それによる汚染を客観的に数値化した資料は存在しない。
  • 移転先の場所はかつて東京ガスの施設があり、それによる土壌汚染が判明している(東京ガスから東京都側にはそのことの説明が行われており、東京都は承知していた)。このため豊洲への移転には反対論が存在し、都議会においては民主党などが反対している。

このような経緯の中2016年8月31日、東京都の小池百合子都知事は同年11月7日に予定されていた豊洲市場の開場を延期すると共に、築地市場の解体工事も延期すると発表した。

IMG_2442.JPG

これに噛みついたのがこの人伊藤裕康氏です。

  • 会社名 中央魚類株式会社 代表取締役会長(CEO)会長執行役員
    所在地 【本社】 東京都中央区築地5-2-1
    設立 昭和22年7月1日
    従業員 196名(平成26年3月期)
    事業目的 水産物卸売
    資本金 29億9,500万円
    売上 (単体)1,033億円 (連結)1,738億円 (平成26年3月期)

IMG_2445.JPG

 

IMG_2441.JPG

 

移転延期で生じる損失をだれが負担するのか・・・・・・・多くの反論を投げかけていましたが、移転予定の豊洲市場の安全性が疑問視され始めると、一転言葉を濁し始めた。

風評被害による販売不振を思えば無理からんことです。

 

誰かに懐柔されているのでしょうが、この先どう動くのか安全が保障されないところで、食品は売れないでしょう。

IMG_2447.JPG

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

農家のお米「送料無料」

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM