1968年式4x4 TSD 40改 最後のボンネットバス

  • 2017.01.07 Saturday
  • 10:00

JUGEMテーマ:気になること

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この 作品 は クリエイティブ・コモンズ 表示 2.1 日本 ライセンスの下に提供されています。

 

懐かしのボンネットバス 現役で活躍中!! 

1968年式4x4 TSD 40改最後のボンネットバス

岩手県北バス引用

  • 岩手県北バスでは現役ボンネットバスを所有してます。 現在でもイベントや積雪期の八幡平で活躍してます。

    平成27年10月3日からは盛岡市内定期観光バスでも活躍中!

    盛岡市内定期観光バスの詳細は こちら 

     

    製造会社名・・・・・・いすゞ自動車株式会社
    車台番号・・・・・・・・TSD40-1216000
     型式・・・・・・・・・・・・1968年式 TSD40改
    原動機の型式・・・・DA120
    乗車定員・・・・・・・・41人(乗務員1名・座席24・立席16)
    車両重量・・・・・・・・5990
    車両全長・・・・・・・・7660mm

TS/TWとは、かつていすゞ自動車が製造していた全輪駆動トラックです。

Dはディーゼルエンジン

40改は4トン車(総重量8.000)を改造。の意味でしょうか?

松川温泉は、八幡平樹海ライン の入り口にあり、岩手山の西側に位置し登山口がります。

IMG_2375.JPG

岩手県北バスJR盛岡駅〜岩手県松川温泉 運行に加えて、盛岡市内定期観光バスの運行も行っているようです。

 

800px-IwateKenpokuBus_TSD40_No_6111.jpg

4x4のトラックには、ウインチはかなり多く取り付けてありますが、バスには希少でしょう。このバスの運行範囲の環境の厳しさを物語っています。

 

IMG_2378-1.jpg

バスと伴に半世紀、退職後は乗客として乗りたいということでした。

経験を活かして、後輩の指導に当たって欲しいものです。

IMG_2376.JPG

 

近くには日本初の地熱発電所である、松川地熱発電所が存在。地熱発電所から得られる温泉は、当地では用いられず東八幡平温泉まで引湯されている。地熱発電立地は温泉を掘削した際に蒸気が多く噴出することが契機となった(地熱発電には蒸気が必要)。

 

 

コメント
1968年は昭和43年です。22年生まれの私は漸く大型自動車を運転できる年齢(免許は18歳で習得できますが3年間の経験が必要でした、つまり21歳にならないと運転できません)になりました。早速8トン積みのダンプカーの運転席に座って見ましたが、幅の広いトラックの左右の確認はバックミラーだけが頼り、ギアチェンジは床から伸びた長いレバーで行いますが、ノンシンクロミッションですから、回転の同調が上手く行かないと、ギアなりするだけで、全く受けつけてくれませんでした。泣かされたものです。
  • kita
  • 2017/01/08 1:28 PM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

農家のお米「送料無料」

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM