「大年増の厚化粧」発言が都知事選の行方を変えたか?

  • 2016.08.01 Monday
  • 07:08

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この 作品 は クリエイティブ・コモンズ 表示 2.1 日本 ライセンスの下に提供されています。

「大年増の厚化粧」発言が都知事選の行方を変えたか?

 

Yuriko_Koike,_Aug__17,_2007.jpg

石原慎太郎の発言は以下です。

大年増の厚化粧がいるんだな、これが。これはね。困ったもんでね…そこに私の息子もいて苦労してるけど、都連の会合に1回も出てこずにね、「都連はブラックボックスだ」なんて聞いたようなこと言っちゃいけないんだよ。
とにかく岩手県で行政手腕を発揮した増田さんに任せないとね、やっぱり厚化粧の女に任せるわけにはいかないね、これは・・・

  • 男が外出の折に髭を剃るように、女性の化粧はエチケットととらえるのが一般的ではないでしょうか?その手法は個人的な選択と思います。

政治の場に「厚化粧」を持ち出されても、単なる個人攻撃としか映りません。

そもそも誰と比較して、厚化粧と表現しているのでしょうか?最も身近な存在は

お笑い芸人のネタならまだしも、自身の途中辞職の後継都知事の不祥事で行われる都知事選挙の終盤戦で、支援候補の不利益になるような発言は、作家的な発想なのでしょうか?

女性票の動向が当落を決める選挙戦の中で、この発言の火消し役は、小池百合子に一票を投じた多くの女性有権者でしょう。

小泉郵政選挙で東京10区に自民党公認候補として神戸を選挙区にしていた小池百合子落下傘候補として擁立見事に当選した。

選挙の指南役は小泉又次郎 からの三代目小泉 純一郎 肥後熊本藩主だった肥後細川家の第18代当主細川 護熙 のバックアップも大きな力となったでしょうが、身内の自爆発言(厚化粧の女)も大きく影響したと思われます。

さらに、自由民主党公認候補以外を応援した場合

  • 家族ともども自民党除名処分

民主国家らしからぬ発言で、不信感も増したと思います。

男顔負けの「潔さ」の持ち主、小池百合子新都知事のご活躍を祈念申し上げます。

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

農家のお米「送料無料」

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM