尾瀬ヶ原=鳩待峠〜三条の滝〜鳩待峠

  • 2016.08.02 Tuesday
  • 04:43

JUGEMテーマ:登山・トレッキング

 

尾瀬ヶ原=鳩待峠〜三条の滝〜鳩待峠

  • 初日18km:鳩待峠〜三条の滝〜見晴キャンプ場
  • 二日目10km:見晴キャンプ場〜ヨッピ吊り橋〜鳩待峠

見晴キャンプ場一泊で、三条の滝を見に行ってきました。

鳩待峠〜富士田代は初級コースですが、富士見田代〜竜宮十字路の長沢新道は、岩場もあり中級コースでしょうか?竜宮十字路〜富士見田代の逆コースはかなりの難所となります。

見晴キャンプ場は

  • 一人料金:800
  • 燧小屋(ひうちごや)で受け付けています。
  • 日帰り入浴も燧小屋で檜風呂が楽しめます。(17:00~19:00)時間は事前にご確認ください。男女時間を区切って入浴可能です。
  • 山行き20kmの疲れを、一気に癒してくれました!!燧小屋(ひうちごや)さんありがとう!!
  • 燧小屋(ひうちごや)TEL:090-1062-1395

燧小屋(ひうちごや)引用

燧小屋(ひうちごや)は私の祖父にあたる平野興三郎の釣り小屋がその始まりです。
興三郎はケモノを狩りイワナを釣って暮らしていた猟師でした。檜枝岐に暮らす人たちは、昔からイワナ、ケモノ、山菜やキノコなど様々な山の幸に育まれてきました。それは親から子、孫へと連綿と受け継がれ、絶えることなく今へとつながっています。
山を糧にして生きる人たちのことを檜枝岐では山人(やもうど)と呼びます。山人は川や森から食を得て土地の自然と調和して生きてきました。時代が代わり、今は猟で生計を立てる人はいませんが、尾瀬で山小屋を営む私たちは山人の心をもって自然とともに尾瀬に暮らしています。

尾瀬には多くの花が咲いています。

エゾタカラコウ と思うのですが、マルバダケブキ にも似ているので、判断ができません。

IMG_1213-1.jpg

ヤマレコマイページはこちらから

 

 

今回の立ち寄り湯は「花の駅・片品花咲の湯」です。

  • 花の駅・片品 花咲の湯は、群馬県利根郡片品村が設立し、指定管理者制度により片品村振興公社株式会社が運営する公営の日帰り入浴施設。 ウィキペディア
    所在地〒378-0408 群馬県利根郡片品村花咲1113
  • 片品村の地域振興を目的[3]として、温泉を中心にレストラン農産物直売所、特産品売店、版画家小暮真望ギャラリーなどを併設した施設として1998年10月3日に開業した。
  • 片品村でとれた農作物が並ぶ。冬期間は降雪により作物がとれないため、営業は例年4月下旬から11月中旬までである。
  • 版画家小暮真望の版画が常時20点程度展示されている。特に尾瀬を描いた作品が多い。

 

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

農家のお米「送料無料」

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM