小千谷市朝日山トレッキング

  • 2016.06.15 Wednesday
  • 21:51

小千谷市朝日山トレッキング
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この 作品 は クリエイティブ・コモンズ 表示 2.1 日本 ライセンスの下に提供されています。
朝7:30分に総勢19人でマイクロバスで出発しました。
途中信濃川の妙見堰に立ち寄り、施設を見学しました。

IMG_0678.JPG

IMG_0679.JPG

IMG_0680.JPG

IMG_0681.JPG

朝日山Wikipedia引用

  • 朝日山古戦場(あさひやまこせんじょう)は新潟県小千谷市の朝日山にある北越戦争古戦場である。
  • 小千谷市街の北東4キロほどの所にある朝日山山頂にある古戦場で、山頂へは浦柄地区から徒歩で約40分。
  • 現在山頂には野営場などの遺構、北越戦争関連の展示品がある。国道291号から朝日山への入口近くにある浦柄神社には、1953年(昭和28年)に小栗山村の人々が建立した北越戦争の東軍(越後長岡藩会津藩)の戦死者の墓が22基ある。その中の白虎隊士新国英之助(当時16歳)の墓は、父が二十数年遺体を探して建立したもの。
  • 慶応4年5月10日、朝日山近くの榎木峠で戦が始まり、12日には妙見村・浦柄村は長岡藩に占領された。そこで、新政府軍は朝日山に攻撃をかけた。この攻撃には、山県有朋時山直八が指揮をとった。13日、深い霧の中を新政府軍は攻めてきたが、東軍は加勢して応戦し、時山直八を討ち、東軍が有利になった。その後、東軍は5千、新政府軍は1万の兵を集めたといわれ、13日から1週間、雨の中戦いが続いた。その際、山県有朋は「あだ守るとりでのかがり影ふけて夏も身にしむ越の山風」と歌を詠んでいる。その後、新政府軍は1隊はそのまま戦い、もう1隊を長岡城へ向かわせた。19日、長岡城が落城すると、東軍、新政府軍は蒲原へ向かった。

ヤマレコはこちら

朝日山-1.jpg

朝日山-2.jpg

IMG_0682.JPG
第3代・9代内閣総理大臣 山縣有朋氏がこの戦に参加していたとは・・・・・
IMG_0683.JPG

IMG_0684.JPG

IMG_0685.JPG

IMG_0687.JPG

IMG_0691.JPG

IMG_0692.JPG

IMG_0697.JPG

IMG_0698.JPG

IMG_0700.JPG

IMG_0725.JPG
あまやち会館で汗を流しました。
IMG_0714.JPG

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

農家のお米「送料無料」

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM