過去に運んだ事のある61式戦車(ろくいちしきせんしゃ)とは?

  • 2016.06.03 Friday
  • 03:16
JUGEMテーマ:気になること
過去に運んだ事のある61式戦車(ろくいちしきせんしゃ)とは?

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この 作品 は クリエイティブ・コモンズ 表示 2.1 日本 ライセンスの下に提供されています。
かれこれ20年ほど前に、記憶はさかのぼります。
そのため、勘違いや思い違いがあると思われますが、その旨ご指摘ください。真摯に受け止めさせて、いただきます。
  • 太平洋フェリーで名古屋港に陸揚げされた、61式戦車(と思われますが、当時興味が無かったんで定かではありません)を、岡山県の日本原駐屯地までの輸送を担当いたしました。
  • 61式戦車は、戦後初めて日本が国産開発したMBT(主力戦車)である。
    第2次世界大戦に敗れた日本は連合国軍の占領下に置かれ、兵器の保持・生産を禁じられることとなった。
    しかし1950年6月に朝鮮戦争が勃発したため、危機感を募らせたGHQ(連合国軍最高司令官総司令部)の意向により日本は再軍備化することになり、1952年に警察予備隊が保安隊に改組された際にアメリカ軍が保有していた兵器の供与を受けた。
  • この国産MBTには、「中特車」(略記号:ST)の呼称が与えられた。
    1947年に制定された新憲法では日本の戦力不保持を定めていたため、日本が保有する戦車は保安隊時代から戦力を想起させる「戦」の字を置き換えて「特車」と呼んでいた。
    従って、「中特車」とは「中戦車」のことに他ならない。
  • 1955年(昭和30年)に開発が開始され、1961年(昭和36年)4月に制式採用された。採用された西暦の下二桁の年をとり、61式戦車と命名された。主砲に「61式52口径90mmライフル砲」として制式化された52口径90mmライフル砲を装備し、鉄道輸送を考慮して当時の国鉄貨車に搭載できるよう車体が小型化されている。
  • 1974年(昭和49年)に74式戦車が採用されるまで560輌が生産され、2000年(平成12年)に全車が退役した。
  • 全長: 8.19m
    車体長: 6.03m
    全幅: 2.95m
    全高: 2.49m
    全備重量: 35.0t
    乗員: 4名
    エンジン: 三菱12HM21WT 4ストロークV型12気筒空冷ターボチャージド・ディーゼル
    最大出力: 570hp/2,100rpm
    最大速度: 45km/h
    航続距離: 200km
    武装: 61式52口径90mmライフル砲×1 (50発)
    12.7mm重機関銃M2×1 (525発)
    7.62mm機関銃M1919A4×1 (4,000発)
名古屋港で昼間に積み込みを完了して、丁寧にシートで覆って、夜の9時まで待機です。(特車の通行許可の関係21:00〜6:00の走行規制があります。)
合計6台、顔見知りばかりですので近くの食堂で、腹ごしらえ兼ねて般若湯で盛り上がり、時間まで仮眠です。
翌朝5時には入門しました。
無事納品を終えて、食堂で食事(自腹)ふと見上げると、将校クラブの看板があり、庶民とは別世界にいる感じがしていました。
隊員が外部で問題を起こさないための対策なんでしょうか??・・・・・・
800px-Japanese_Type_61_tank_-_1.jpg
  • 運転席は右側(ライトの上部に取っての見える部分です。ここから顔を出して操縦します。
  • ターボチャージャー付ディーゼルエンジン570hpの音は、心の底に沁みて伝わります。小生の乗っていた、V8/420馬力の日産ディーゼルトラクターとは比較になりません。右足の動きに車体がついていくという感じ・・・・・
  • 滋賀県今津町第13戦車大隊にも、運んだような????

 
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

農家のお米「送料無料」

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM